スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学の授業が始まりました。

 今年も大手前大学の建築材料実験の授業が始まりました。大手前大学に生き始めて、今年で8年目になります。つくづく、時の早さを感じます。

 毎年、同じような内容なのですが、今年も木材の継手加工の実験をやっています。これは、どういうものかと言いますと、木材の欠点として、最大でも長さは、6mしか取ることができず、通常は、4mです。それ以上となると、継がなければなりません。しかしながら、その継手というのは、1本物よりも非常に弱いものです。弱いながらでも、少しでも強くということで、昔からさまざまな工夫がされています。継手の種類もいろいろなものがあります。

 そういうことで、継手を取り上げて、木材というものは、どういうものであるかを深く知ってもらうのが目的としています。そして、檜材を切断して、継手を加工して、完成すると、引張試験を行い、いかに継手が弱点であるかを知ってもらいます。

継手加工の授業 ← 継手加工の授業

 5月いっぱいは、継手の加工をやってもらいます。ノミとノコギリをもって、馴れない手つきで作業しています。普段、このような大工仕事はやることなく、ほとんどの人が触るのも初めてなのです。でも、このように一生懸命にやっている若者の姿は、いつ見ても、美しいですね。私は、大好きなのです。そして、私は、このように一生懸命にやっている若者達に少しでも、自分のやってきたものを伝えたという気持ちになります。今年も頑張ります。

 by Tadashi Yasumizu 2017.05.08

建築士会 委員会旅行 (その4)

 今治市伊東豊雄建築ミュージアムを後にして、大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)に行きました。この神社は、「三島神社や大山祇神社の総本社であり、山の神・海の神・戦いの神として歴代の朝廷や武将から尊崇を集めた。大山積神を祀る代表的な神社ということもあり、山神社の総本社とされることもある。」(Wikipediaより)

大山祇神社 ⇐ 大山祇神社

 この神社は、大山積神を祭神とし、全国の山祇神社、三島神社の総本社で、しまなみ海道でも有数の観光スポットです。境内のご神木や奥の院への道の木々は、とても、生命力があり、静かで落ち着いた雰囲気でした。

 大山祇神社を出ると、本日のメインともいえる、伯方島から大島へのサイクリング。伯方島のサイクリングターミナルでレンタサイクルで約5kmの行程です。少々、寒かったけど、、伯方島・大島大橋から見るしまなみの景色は最高でしたね。

しまなみ海道サイクリング ⇐ 出発前にメンバーと記念撮影

しまなみ海道サイクリング ⇐ 風を感じながら、街道を軽快に走る安水です。

こんな感じで、本来の目的でもある道後温泉に入ったのでした。

(つづく)


 

建築士会 委員会旅行 (その3)

ONOMICHI U2 を後にして、今回の旅行メインである”しまなみ海道”を縦走に出発しました。縦走といっても、乗用車ですので、座っているだけなので、たいしたことありません。

今治市伊東豊雄建築ミュージアム ⇐ 瀬戸内海の美しい島並

しまなみ海道を瀬戸内海の美しい島並を眺め、開放感に浸りながら、1時間くらい走り、大三島という愛媛県で一番大きな島に入りました。その大三島に日本を代表する建築家の巨匠、伊藤豊雄氏の”伊藤豊雄氏の”今治市伊東豊雄建築ミュージアム”に立ち寄りました。

今治市伊東豊雄建築ミュージアム ⇐ 今治市伊東豊雄建築ミュージアム

この建築ミュージアムは、ミュージアム大三島を寄贈した所敦夫氏の提案がきっかけに計画されて、2011年7月にオープンした建築物自体が展示物となったミュージアムです。ここには、企画展が行われるスティールハットと、伊東氏の元自宅の一部であり、数々の資料やワークショップも開催されるシルバーハットが設置されています。

今治市伊東豊雄建築ミュージアム ⇐ スチールハット

今治市伊東豊雄建築ミュージアム ⇐ シルバーハットら瀬戸内海の島を望む

この眺めの見せ方は、すごく、うまいなと思います。屋根と手摺が額縁のようになっていて、そのシルエットの向こうに狐島が映っている。いいですね。絵になります。

今治市伊東豊雄建築ミュージアム ⇐ モニュメントの前で記念撮影です。

少々、気になったのは、春休みの気候の良い時期であるにもかかわらず、大三島や今治市が活性化するために、様々なプロジェクト、イベントが行われるということですが、たまたまなのか、受付の人と我々以外に誰もいなかったこと。瀬戸内海の島々の美しさ、解放感をたっぷりと感じ、心地良い時間を過ごしました。

(づづく)



建築士会 委員会旅行 (その2)

 尾道ラーメンを食べ終えると、NOMICHI U2 というところに行きました。これは、何かと言いますと、建築家の谷尻誠氏の設計による店舗あり、レストランあり、宿泊施設ありの複合施設です。2014年にオープンしたものです。

尾道U2 ☚ ONOMICHI U2

 行ってみると、なかなかお洒落です。もともと、倉庫だったようですが、薄汚れたコンクリート造のもの利用して、それを港湾の風景とうまく融合させて、なかなかのロケーションをつくっています。

尾道U2 ☚ もともと倉庫だったものを店舗に改修しています。集客力があります。

尾道U2 ☚ ウッドデッキを敷いて、海と融合させている

尾道U2 ☚ ウッドデッキから見る風景

 10年ほど前にも、尾道に行ったことはあるのですが、最も賑やかと言われる商店街に行っても、その時には、ほんと人影もまばらで、失礼ながら、この街は休んでいるのかと思ったのですが、観光客が多く、また、若者も多く、賑やかな風景でした。ここのウッドデッキでくつろぎながら、港を見るといのは、ほんと、お洒落で癒されます。谷尻氏は、今、売れている建築家のようですが、若いけれど、人の心を掴むのがうまく、さすが、と思いましたね。

尾道U2 ☚ ここが、しまなみ海道を走り抜けるサイクリングの拠点となっています。

 そして、ここが、しまなみ海道を走り抜けるサイクリングの拠点となり、全国各地から、多くの人が集まっていました。実に気持ちよさそうでした。私達もこれから、車ですが、しまなみ海道を走りぬけることになります。

(つづく)




建築士のための実務セミナー

 今日は、「建築士のための実務セミナー」を受けに行ってきました。受けに行ってきたとはいえ、私は、兵庫県建築士会に所属していて、その中でも神戸支部研修委員会の委員なのです。今回のセミナーもこの研修委員会が主催しており、私も深く関わっているのです。

建築士会セミナー1 ← 「建築士のための実務セミナー」

 今回のセミナーのテーマは、”震度7に負けない木造住宅「耐震等級3のすすめ」”ということで、私もユーザーなのですが、東京からソフトメーカーであるインテグラル社の講師を招いてのセミナーでした。

 昨年の4月に熊本で阪神淡路大震災に匹敵する大きな地震が起きました。そして、また、多くの家屋が倒壊し、多くの人がお亡くなりになりました。これを踏まえて、地震に強い家づくりというのは、建築士の責務でもあります。さすがに、このような類のタイトルとなると、皆さん、興味深々で、熱心に聞き入っていました。

建築士会セミナー2 ← 「建築士のための実務セミナー」

 具体的な内容として、
 平成28年熊本地震 現地調査報告
 最低でも耐震等級3を目指すべき。そのポイントとは?
 重要なのは耐力壁線と水平構面の剛性確保。その考え方とは?
 ホームズ君「構造EX」を使用した耐震等級3のクリアポイント
 よくわかる床倍率

ということなのですが、熊本地震の調査報告で倒壊した原因というのを挙げられていましたが、(その具体的な内容に関しては、「あんしん住宅相談室」のホームページに譲るとして、)設計段階から、常に大地震が来るということを想定して、設計し、そして、工事監理を行う。この大切さを身に染みて感じました。そして、さらに、技術を磨かなければならない。そう、つくづく感じたのでした。

 by Tadashi Yasumizu 2019.04.06

プロフィール

安水建築事務所

Author:安水建築事務所
 住まいに安心と安全を。住まいづくりのコンサルタント安水正です。安水建築事務所をやりながら、「あんしん住宅相談室」を主宰しています。

 日頃、やっていることを通して、実際にどのような調査・診断をやっているのか、少しでも皆様の住まいづくりのお役に立てればと心がけて書きたいと思っています。もし、お気づきの事、お聞きになりたいことなどありましたら、コメント、メールをいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。