fc2ブログ

許容応力度設計セミナー

 今日は、いつも使っている構造ソフトを開発したインテグラル社 ホームズ君 構造EXの「よくわかる許容応力度セミナー」を受けてきました。

fc2blog_20171101200418cac.jpg ☚ セミナー風景です

 これは、木造3階建てを設計するときに、構造計算が義務付けされているのですが、その時に行う、計算方法を学ぶセミナーです。許容応力度設計というのは、建築基準法で、その計算方法が定められているのですが、最近になって、日本木材住宅技術センターがその手引書「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2017年版)」が出版され、今回、受講したのは、それに伴うセミナーとなります。

 この構造EXは、10年近く前から使っているので、内容は、良く知っているのですが、改めて再確認しました。特に、昨年、熊本地震が起きて、耐震等級3であるにもかかわらず、倒壊した家があり、大きく問題になっていましたが、これは、2階の柱の下の階に柱が、多く、無かったというのが原因であったとされています。これを許容応力度設計法で設計していたならば、そのようなことがチェックされて、倒壊しなかったということです。

 木造2階建ての4号建物であれば、この構造計算は義務付けされていませんが、今後、起こるかもしれない大地震に備えて、例え、2階建てであろうと、許容応力度設計法は、行うべきであると思います。

 by Tadashi Yasumizu 2017.11.01

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安水建築事務所

Author:安水建築事務所
 住まいに安心と安全を。住まいづくりのコンサルタント安水正です。安水建築事務所をやりながら、「あんしん住宅相談室」を主宰しています。

 日頃、やっていることを通して、実際にどのような調査・診断をやっているのか、少しでも皆様の住まいづくりのお役に立てればと心がけて書きたいと思っています。もし、お気づきの事、お聞きになりたいことなどありましたら、コメント、メールをいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード