fc2ブログ

特殊建築物定期調査(その2)

今日でやっと某大規模病院の特殊建築物定期調査が終了しました。
延べ床面積が全部で33,000㎡ですから、びっくりするような規模です。
これを2ヶ月近くもかかって何とか、今日、神戸市役所に報告書を提出しました。
この病院は、古くは昭和7年から現在にいたるまでたくさんの建物が混在しています。
今それを隅から隅まで調査するとうのは、とても貴重な体験となりました。

正直言って、建物も人間と同じで手入れをしなかったら、いたるところに悪いところがでてきています。当たり前ですけど・・
コンクリートが割れて剥落しているところ、タイルが浮きまくり、剥落しているところ、サッシュが腐食して部屋にまで漏水しているところ、塗装がはげて、鉄板が錆びて落ちかけている階段、さまざまな症状を見ました。
悪いところがあれば、すぐに直せば、もっともっと建物の寿命は延びるのにと思います。
それに一番、危ないと思うのは、何かの拍子にコンクリートやタイルが落下して事故にでもならないかということです。

でも、建物の劣化が早いというのは、必ずしも手入れが悪いということだけではないのです。
コンクリートやタイルの剥落というのは、ほとんどが施工不良なのです。
コンクリートが落ちるのは、鉄筋のかぶり厚さが確保できておらず、鉄筋が錆びてコンクリートを割ってしまうというのが主な原因です。
タイルが落ちるのは、工事中の接着不良により、タイルの裏に水がまわり落ちる場合が多いのです。

安全で長持ちする建物をつくるためには、まず、現場の監督さん、職人さん、くれぐれもきちんとした施工をしましょう!工事監理をする人、施工不良にならないようにしっかりとチェックしましょう!そして、建物の持ち主となる人は、定期的な手入れをきちんとしましょう!ということを強く訴えたいです。

by Tadashi Yasumizu

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安水建築事務所

Author:安水建築事務所
 住まいに安心と安全を。住まいづくりのコンサルタント安水正です。安水建築事務所をやりながら、「あんしん住宅相談室」を主宰しています。

 日頃、やっていることを通して、実際にどのような調査・診断をやっているのか、少しでも皆様の住まいづくりのお役に立てればと心がけて書きたいと思っています。もし、お気づきの事、お聞きになりたいことなどありましたら、コメント、メールをいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード