fc2ブログ

耐震診断の調査に行きました

梅雨に入り、蒸し暑い日が続いています。

本日は、神戸の須磨区に耐震診断の調査に行ってきました。まず、この建物は、昭和56年3月で新耐震になるギリギリ前の建物で、木造2階建てです。

まずは、お客様へ耐震診断に関しての説明とヒヤリングをします。
ヒヤリングで一番、大切にしていることは、なぜ、耐震診断を受けようと思ったのかということです。これをじっくりと聞く事により、何に不安を感じて、どのようなことを望んでいるのかとうことを知ることができます。これにより、今後、どのように対応していくのか、方針が定まります。
やはり、ご心配されていることは、度重なる大きな地震により、家が倒壊するのではないかということです。

調査の順番としては、外部⇒内部⇒バルコニー⇒床下⇒小屋裏 と見ていきます。
今回のお宅は、本当に良く手入れがされていて、内外部共に、ここ10年くらいで全面リフォームされたということで、とても、綺麗でした。劣化状況は特に問題無し。

問題となるところは、これが、改善点ということになるのですが、

 ・ 屋根が洋瓦で重たいこと
 ・ 筋かい、柱頭などに金物が入っていないこと
 ・ 基礎が無し筋であること

などです。これらは、昭和56年で新耐震以前の建物なので、どこにでもある事です。
耐震診断をすれば、これらを改善しないと、「大地震がくると、倒壊する可能性が高い。」という結果になると思います。

これらを改善すると、地震に強い建物になるので、地震が来る前に、是非、改善されて、安心・安全な家にしていただきたいと思います。

耐震診断-筋かい ←筋かい・柱の設置状況。昔の建物なので、補強金物が付いていない。

耐震診断-小屋裏 ←小屋裏の状況。劣化は見られない。

耐震診断-床下 ←床下の状況。劣化は見られない。


耐震診断・補強設計は、「あんしん住宅相談室」




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安水建築事務所

Author:安水建築事務所
 住まいに安心と安全を。住まいづくりのコンサルタント安水正です。安水建築事務所をやりながら、「あんしん住宅相談室」を主宰しています。

 日頃、やっていることを通して、実際にどのような調査・診断をやっているのか、少しでも皆様の住まいづくりのお役に立てればと心がけて書きたいと思っています。もし、お気づきの事、お聞きになりたいことなどありましたら、コメント、メールをいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード