fc2ブログ

耐震診断(その1) 「なぜ耐震診断が必要か」

 こんにちは、安水です。

 しばらくは、私が得意としている業務の一つである耐震診断について、連載で書いてみたいと思います。まず、最初になぜ、耐震診断が必要かというところから、入っていきます。

 日本は、地震国です。頻繁に地震が起こり、数十年に一度は、大きな地震が起こります。大地震と言えば、近くでは、平成23年3月11日に起こった東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)、また、私にとっては、忘れもしない平成7年1月17日に起こった兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)などがあげられます。

 特に阪神淡路大震災では、数多くの建物が倒壊し、数多くの人が建物の下敷きになり亡くなり、多くの財産を失うなど、甚大は被害をもたらしました。それにより、人々の生活は一変し、大きな悲しみに包まれました。復旧させるのに、莫大は費用が発生しました。そして、大切な財産、命を失った人の心の穴は計りしれなく大きいものとなりました。
 また、数十年の内にいや、明日また、大地震が発生するかもしれません。こんな時に大地震が発生した時に倒壊することなく、尊い命を守る建物をつくることは、極めて大切なことであり、そういう建物を造るための第一歩が耐震診断なのです。

 昭和56年に耐震基準が変わり、これ以降の建物は、阪神淡路大震災時において、大破したのは、数%でした。しかしながら、それ以前の旧耐震基準のものは、30%弱の建物が大破したと言われています。最近でこそ新しい基準で造られているため倒壊する可能性は、低いとされていますが、未だに旧耐震基準の建物は、多数、存在しています。再度、大地震が来たならば、旧耐震基準で造られている建物は、大破する可能性が高いのです。まずは、旧耐震基準で造られている建物に対して、耐震診断して、現状を知るということが大切なのです。現状を知ることによって、補強が必要なのかどうなのかが解るのです。


 image1604052.jpg
 阪神淡路大震災において、倒壊した住宅




建物調査・診断、マンション・一戸建て住宅の内覧会立会い、耐震診断
住宅の設計・監理、住まいづくりのコンサルティング
ご相談・お問い合わせは、「あんしん住宅相談室(アーキアシスト)」へ
  HP:あんしん住宅相談室
  Mail:info@arch-assist.com



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安水建築事務所

Author:安水建築事務所
 住まいに安心と安全を。住まいづくりのコンサルタント安水正です。安水建築事務所をやりながら、「あんしん住宅相談室」を主宰しています。

 日頃、やっていることを通して、実際にどのような調査・診断をやっているのか、少しでも皆様の住まいづくりのお役に立てればと心がけて書きたいと思っています。もし、お気づきの事、お聞きになりたいことなどありましたら、コメント、メールをいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード