fc2ブログ

マンションの内覧会に行ってきました。(その3)

 前回は、浴室の天井裏のチェックの話しをしました。これが、終わると、バルコニーのチェックです。

 バルコニーで一番、大切なことは、水はけです。水はけが悪いようですと、当然ですが、床に水が溜まります。水が溜まるというのは、良くないですね。脚が滑って、転倒の原因にもなるし、物があれば、濡れると。また、気分上よろしくない。機能上においては、防水の劣化を早め、漏水の原因にもなります。

 ですので、水が溜まるというのが解れば、早く、直すことが重要です。水が溜まるか否か、目視で見ると、基本的にはすぐにわかります。通常は、バルコニーの勾配は、1/50の以上、とって下さいよ、という決まりがあります。1/50以上というのは、1mに対して、5cmといういうことです。ですので、通常の勾配があれば、見ただけでわかります。私の場合は、誰が見ても解ったもらえるように床に水平器を置きます。この水平器を置いて、付いている気泡管の中の気泡が真ん中に入っていなければ、勾配がとれているということです。マンションの場合、最上階の屋上でもない限りは、結構、深い庇となっていて、雨は入りにくい構造となっていますが、それも含めて、しっかりとチェックします。

 バルコニーの勾配
 床に水平器を置いて、勾配を確認する。

 勾配のチェックが終わると、サッシュ廻りの防水状況、コンクリート面の状況、手摺りがあるようでしたら、取り付け状況のチェック、その手摺にガラスがはまっていれば、そのガラスがしっかりと枠に付いているかもチェックします。

 今回は、バルコニーのチェックについて、話をさせていただきました。また、次回を楽しみにして下さい。




建物調査・診断、マンション・一戸建て住宅の内覧会立会い、耐震診断
住宅の設計・監理、住まいづくりのコンサルティング
ご相談・お問い合わせは、「あんしん住宅相談室(アーキアシスト)」へ
  HP:あんしん住宅相談室
  Mail:info@arch-assist.com

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安水建築事務所

Author:安水建築事務所
 住まいに安心と安全を。住まいづくりのコンサルタント安水正です。安水建築事務所をやりながら、「あんしん住宅相談室」を主宰しています。

 日頃、やっていることを通して、実際にどのような調査・診断をやっているのか、少しでも皆様の住まいづくりのお役に立てればと心がけて書きたいと思っています。もし、お気づきの事、お聞きになりたいことなどありましたら、コメント、メールをいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード