fc2ブログ

地盤の大切さ

 昨日は、中古住宅を購入したいうという方の調査に行ってきました。その建物は、築7年ということで、比較的新しいものです。中古住宅を調査するにあたり、重要なものの一つとして、地盤が不同沈下していないかということです。不同沈下というのは、造成などで地盤の緩い部分と固い部分が混在していて、その上に建物がたったとき、緩い部分が沈下して、建物が傾いてしまうことです。

 その建物は、築7年ということで、造成した上に建っており、地盤調査の結果、あまり良い地盤でないということで、柱状改良を行っていました。実際に建物の周囲をレベルを使って当たってみると、最大5mm程度誤差があるだけで、全く傾いていませんでした。

 20,30年前の物件を見ると、逆にたいてい傾いています。ひどいところになると最大誤差10cm以上にもなります。阪神大震災後、地盤調査して、その結果が悪ければ、地盤改良工事というのが住宅でも定着しています。その上家も詳細に調査しましたが、7年経っても狂い無く、問題無しという結果です。良い地盤の上に建物を建てるという事が、いかに重要なことであるというのを再認識しました。

IMG_2025.jpg レベル測定器で地盤の傾きを確認

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安水建築事務所

Author:安水建築事務所
 住まいに安心と安全を。住まいづくりのコンサルタント安水正です。安水建築事務所をやりながら、「あんしん住宅相談室」を主宰しています。

 日頃、やっていることを通して、実際にどのような調査・診断をやっているのか、少しでも皆様の住まいづくりのお役に立てればと心がけて書きたいと思っています。もし、お気づきの事、お聞きになりたいことなどありましたら、コメント、メールをいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード