fc2ブログ

「良い建物・良い家」とは、(その5 最終回)

 「良い建物・良い家」とは、について書いてきましたが、今回が最終回です。

6.使い勝手が良い。
ストレスを感じることなく、快適に使える建物というのは、使い勝手がよくなければなりません。扉の開き勝手が逆になるだけでも、ストレスが溜まります。足の悪い人が、夜中にトイレに行きたくなり、寝室から遠く歩くようなトイレというのは、不便で使い勝手はよくありません。常に使い手のことを考えて、どのような生活パターンなのかをよく知ってつくらなければなりません。


7.建物を見ると気持ちよくなる。
 建物は、常に人目に触れるところです。建物の形状であったり、色であったり、人に不快感を与えるようなものであれば、いくら災害に強い家をつくりましたといっても、潰してくれということにもなりかねません。ある意味、建物は芸術であるといっても過言ではありません。それほど、美しいものであって欲しいものです。

8.快適である。
 私は、「良い建物・良い家」といういのは、「安心して、快適に安全に暮らせる家」のことと思って、仕事をしています。快適ということは、良い家であるという中で重要な要素と言えます。快適な家というのは、心地の良い風が入ってくる、日当たりが良い、使い勝手が良いなどいろいろな要素がありますが、ここでいう快適とは、人間が快適であると思える温度・湿度というのは、個人差はありますが、だいたい決まっています。本来、人間は、自然の中で生活していたのですが、近代化により自然の中で暮らすことも難しくなりました。いかにして、暑さ・寒さ・湿気を遮るのかそれが重要なポイントになってきます。

我が家の屋上から
我が家の屋上から見た神戸の朝です

 以上が、私から日頃、こんな事を考えながら、仕事をやっていますということを紹介しました。このブログに書いてきたことは、ほんの一部ですので、詳しくは、あんしん相談室の「住まいづくりの基礎知識」をじっくりと読んでみて下さい。

「住まいづくりの基礎知識」
http://arch-assist.com/sumaidukuri-kisotisiki

 by Tadashi Yasumizu 2019.10.02

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安水建築事務所

Author:安水建築事務所
 住まいに安心と安全を。住まいづくりのコンサルタント安水正です。安水建築事務所をやりながら、「あんしん住宅相談室」を主宰しています。

 日頃、やっていることを通して、実際にどのような調査・診断をやっているのか、少しでも皆様の住まいづくりのお役に立てればと心がけて書きたいと思っています。もし、お気づきの事、お聞きになりたいことなどありましたら、コメント、メールをいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード