スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンションの内覧会に行ってきました。(その5)

 今回は、床と壁、天井の傾きのチェックについて、お話をします。

 私は、最後に必ず、床と壁、天井が傾いていないか、レーザーレベルによりチェックします。これは、何のためにチェックをするのかと言いますと、解りやすく言えば、建物とそれを支えている地盤が傾いていないかを確認するためです。
 昨年に東京のマンションで杭が支持地盤まで届いていないというのが原因で20mm建物が傾いているということで、大きな問題になりました。これが、新築時にそうなっていないかを確認するためです。ひょっとすると、これが、一番、重要な事かもしれません。
 
 IMG_1018.jpg
 部屋の中央にレーザーレベルを据えて、床・壁の傾きのチェックをしているところ

 床のチェック方法法として、部屋の中央にレーザーレベルを据えて、四隅に床からスケールを当てて、床とレーザーの距離を計ります。これをくるりと360度回して、どこまで同じ距離ならば、全くの水平ということになります。しかしながら、全くの水平ということなど、ほとんど無く、通常は、5~10mm程度の誤差はあります。これが、瑕疵かどうかというのは、一般的に3/1000と言われます。1000mmに対して3mm、つまり、1mにたいしては、3cmということです。
 
 image160405.jpg
 床にスケールを当てて、床とレーザーとの距離を計る

  それ以上の誤差であれば、パチンコ玉を置いて、転がしてみます。この転がり方、右から左へ北から南へ一直線にコロコロと転がるようでは、建物全体が傾いているのではないかと心配され、詳細調査が必要です。転がるけれども、渦を巻くように止まるようでしたら、その部分だけへこんでいるということで大した問題ではありません。隅だけが、へこんで不陸があるようでしたら、タンスなどの家具を置いたときに壁や床に隙間ができてしまいます。

 壁の傾きは、どのようにチェックするかと言いますと、部屋の入り隅か出隅の壁の線にレーザーレベルの縦線を合わせます。この縦線が壁線からずれていたら、傾いているということになりますが、これも床と同じように5~10mm程度の誤差はあります。部分的の誤差は問題無いのですが、これが、全ての壁に対して、同じように傾いているとなれば、建物全体が傾いているのではないかと心配され、詳細調査が必要です。

 壁の傾きが部分的にでも10mmを超えてしまうようでは、タンスなどを置いたときに壁との間に隙間ができてしまうので、直す必要があるかもしれません。それ以内でしたら、問題はありません。

 天井に関しては、床と天井との距離をスケールにて測定します。隅にスケールを当てて、同じ距離であれば、特に問題無しということです。これの距離が違うようであれば、天井が傾いているということになります。天井の傾きに関しては、目視であきらかにおかしいと不快に感じなければ、そんなに問題にはなりません。

 IMG_9514.jpg
 スケールで床と天井との距離を計る

 こうして、床・壁・天井について、傾きを計るのですが、実際にもう何百回とやっていますが、新築マンションでパチンコ玉が北から南へコロコロと転がるという現場に出会ったことは、一度もありません。ただし、部分的に2cm傾いていたというのはあります。その時は、床やクロスをめくってでも直してもらいます。パチンコ玉が北から南へコロコロと転がるというのは、地盤ごと傾いているということですので、これは大問題となります。それころ、杭がどうなっているのかという構造的な問題ですので、買わない方が良いということになります。

 こんなことに出くわさないためにも、やはり、事前にこのようなチェックはした方がいいですね。



建物調査・診断、マンション・一戸建て住宅の内覧会立会い、耐震診断
住宅の設計・監理、住まいづくりのコンサルティング
ご相談・お問い合わせは、「あんしん住宅相談室(アーキアシスト)」へ
  HP:あんしん住宅相談室
  Mail:info@arch-assist.com




スポンサーサイト

マンションの内覧会に行ってきました。(その4)

 前回は、バルコニーのチェックに関して書きましたが、今回は、仕様書のチェックについてです。

 これまでは、実際にできたものをチェックしてきました。今回は、契約した書類・図面がその通りにできているかどうかをチェックするものです。マンションの場合、契約時の書類といっても、手元にあるものは、通常は、パンフレットと間取り集といったものではないでしょうか。重要事項説明書、契約書という書類も、もちろんあるでしょうが、ここでは、あまり必要ではありません。

 それでは、どのようにして、パンフレットと間取り集をチェックしていくのでしょうか。これには、大切なことが多々記載されています。まずは、パンフレットですが、これには、そのマンションのスペックつまりは性能について、色々と載っています。スペック・性能とはどういうものかと言いますと、シックハウス性能であったり、断熱性能であったり、構造強度・仕様であったりです。

 正直、全て仕上がってしまっている内覧会でどこまでチェックできるのか、難しいところですが、可能な限りチェックします。断熱性については、ユニットバスの点検口から覗いて、断熱材の厚み、施工範囲をチェックします。ガラスの仕様については、実際にガラスを見て、貼られているシールなどで確認できます。

 IMG_0290.jpg
 ガラスの仕様についてチェックしています

 シックハウス対策として、24時間換気扇は、給気と排気の方法、給気・排気風量のチェックを行います。排水管には、遮音材がきちんと巻かれているか、構造に関しても、点検口、床下・天井裏などから可能な限りチェックします。
 
 IMG_2759.jpg
 給気口に手をあてて、外気が取り込まれているかチェックしています

 IMG_0292.jpg
 パイプスペースの点検口を開けて、遮音材が仕様書通りに巻かれているかチェックしています

 設備機器などについては、パンフレット通りのものが付いているかを一つ一つ、チェックしていきます。また、間取り図には、その設備機器や建具などの仕様・位置や個数などが載っています。間取り図通りの間取りになっているかどうかを見る事も非常に重要なことです

 image160404.jpg
        間取り図から設備関連を赤でチェックする。

 こんな感じでパンフレット、間取り図をチェックしていきます。標準プランでしたら、ほとんど、間取り図通りにできているのですが、オプションなどで、間仕切りが変わりましたとか、コンセントや照明を変更しましたとなると、その通りにできていないということがたまにあります。

 今日は、疲れましたので、次は、最も重要であると思っているレーザーレベルによる床、壁の傾きのチェックについて書きたいと思っています。書き上げるのに、不定期で、少々、時間がかかっていますが、気長にお付き合い下さいね。



建物調査・診断、マンション・一戸建て住宅の内覧会立会い、耐震診断
住宅の設計・監理、住まいづくりのコンサルティング
ご相談・お問い合わせは、「あんしん住宅相談室(アーキアシスト)」へ
  HP:あんしん住宅相談室
  Mail:info@arch-assist.com




プロフィール

安水建築事務所

Author:安水建築事務所
 住まいに安心と安全を。住まいづくりのコンサルタント安水正です。安水建築事務所をやりながら、「あんしん住宅相談室」を主宰しています。

 日頃、やっていることを通して、実際にどのような調査・診断をやっているのか、少しでも皆様の住まいづくりのお役に立てればと心がけて書きたいと思っています。もし、お気づきの事、お聞きになりたいことなどありましたら、コメント、メールをいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。