スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も終わり

 今年もあと1日で終わりです。本当に早いですね。今は、掃除、年賀状書きに追われています。

 少し、今年を振り返ってみますと、今年も色々な出会いがあり、色々な仕事をしました。マンション・一戸建て内覧会の立ち合い、耐震診断から始まり、住宅の大規模なリノベーション、大学の講師、耐震改修計画、掘り込み車庫のある大規模住宅の設計、建築紛争の鑑定書作成など。大変なこともありましたが、何とか、無事、一年を終えることができました。これも、出会った人からの依頼があったからこそです。この出会いに感謝です。

 しかしながら、心残りは、これらの体験をブログやホームページなどで十分に伝えることができなかったこと。目先の仕事に追われ、仕事が終わると、疲れてしまって、パソコンの前に座ることができなかったことです。
 私の目標の一つとして、自分のやっていること、これまでやってきたことを、ただ、自分の中にとどめてはいけない、人に伝える、というのがあるからです。来年以降は、これも仕事の一つとして、やっていきたいと考えています。どうぞ、来年もよろしくお願い致します。


   IMG_1242.jpg 我が家の屋上に降り積もった雪

スポンサーサイト

マンションの内覧会に行ってきました。(その2)

 前回は、水廻りまで書きました。今回は、その続編を書きます。

 水廻りのチェックが終わると、お風呂についている天井点検口から配管の状況、断熱材の状況、コンクリートの状況をチェックします。最近は、ほとんどがユニットバスなので、天井には必ず、点検口が付いています。ここから、天井裏を見るのですが、ここには、重要な情報が多々あります。

 まず、配管状況ですが、最近では、ほとんどがヘッダー工法を採用しています。このヘッダー工法とは、メインの給水管と給湯管が本管から引っ張ってきて、浴室の天井でそれぞれの箇所に分岐されています。この工法は、ヘッダー部分から各給水栓まで途中に分岐がないので、複数の水栓を同時に使用した場合でも、水量の変化が少なく、安定した給水、給湯量が得られるという大きなメリットがあります。また、漏水なども給水管の途中で起きにくく、もし、漏水が起きたにしても、このヘッダー部分が一番、可能性が高いのです。ですので、このヘッダー部分には、必ず、点検口があるというわけです。内覧会でも、このヘッダー部分に異常がないか、しっかり見ることが重要です。

 IMG_0324.jpg
 ヘッダー工法 ジョイント部をしっかりと見る

 ここを見た後は、断熱材の状況を見ます。断熱材は、外部に面する壁、折り返しの天井にウレタンの吹き付けがしてありますので、その断熱材に厚みは適切か、欠け、ムラがないかなどを見ます。厚みを見るには、赤や青などの虫ピンのようなものが刺してあるので、それで確認することができます。通常、25mmの厚みが多いです。

 あと、コンクリートの状況をチェックします。マンションの場合がコンクリートが露出してるのは、メーターボックスの中か、この天井裏程度しかありません。ここの部分のコンクリートに変なひび割れ、亀裂がないか、ジャンカがないか、鉄筋露出がないかなどを見ます。この部分に変なものが発見されたならば、他の部分にも多々あることが考えられるので、要注意です。

 このように天井裏には、施工状況がわかる情報が多々ありますので、しっかりと見ます。

 今回は、もう、時間がなくなってきました。また、引き続き書きますので、次回を楽しみにしていて下さい。




建物調査・診断、マンション・一戸建て住宅の内覧会立会い、耐震診断
住宅の設計・監理、住まいづくりのコンサルティング
ご相談・お問い合わせは、「あんしん住宅相談室(アーキアシスト)」へ
  HP:あんしん住宅相談室
  Mail:info@arch-assist.com


 

マンションの内覧会立会いに行ってきました。(その1)

 内覧会のシーズンが始まって、毎週のようにどこかマンションに行っています。今日は、神戸市西区のマンションに行ってきました。今日は、実際にどのようにて、検査をしているのかを書いてみようと思います。

  IMG_0234.jpg

エントランスの前でお客様と待ち合わせをして、受付を済まし、エレベーターの中で「今日は、寒いですね。」なんて、話ししながら、部屋に移動しました。
いきなり、サプライズがありました。何と、玄関扉にテープが巻いてあったのです。多々、内覧会には行っているのですが、初めての体験でお客様がテープにはさみを入れた時は、とても嬉しそうで、微笑ましい光景でした。業者さんの粋な計らいに感心です。

新しい部屋に入ると、外は結構、寒かったのにほとんどその寒さを感じません。断熱性はいいですね。
業者さんから色々と説明を受けて、私もお客様に検査内容を説明してさっそく作業に入りました。いつものように玄関外のアルコーブから始めます。まずは、メーターボックスの中を見ます。配管設置・接続状況、保温状況、コンクリート状況はどうかなど、チェックリストに沿って、順番に見ていきます。

 それが、終わると、玄関扉の開閉状況はどうか、施錠状況はどうか、汚れ、キズはないか。玄関扉でその家の顔になる部分ですから、キズなどあったら大変ですね。引き渡しが終わり、引っ越し屋さんが入った後にキズが発見されると直してもらえなくなるので、この機会にキズを指摘することは、大切なことですね。汚れは、少々、あったものの大きな問題無く、無事、通過。

 内に入ると仕上げ材の状況をチェックしていきます。床のフローリングには、大きな汚れ・キズはないか、不陸はないか、踏んでみて大きな異音はないか、壁・天井のクロスの貼り方はどうか、隙間や不陸はないか、汚れ・キズはないかなどです。建具、サッシュは、必ず、開閉、施錠状況を確認します。スムーズに開閉できるか、ガタツキ、異音はないか、また、水平器をあてて、傾き、歪みがないかまでも確認します。多少の汚れ・キズ、隙間、不陸はあったものの、びっくりするような問題なく無事、通過。しかし、サッシュには結露がありました。

  IMG_0260.jpg サッシュの下に、結露水を発見

 昨夜は、かなり冷えて、日が変わり太陽が出て、部屋内が暖かくなると、どうしても結露が出てしまうのでしょうね。これは、マンションは気密性と断熱性が高い証拠です。入居してからも、このようなことはしばしば起こるでしょうが、換気をよくすれば、改善できます。これを放置してしまうと、カビの発生の原因となりますので、要注意です。

 キッチン、洗面所、お風呂などの水廻りには、特に注意しています。一番、心配なのは水漏れです。最近でこそ、検査が厳しいのでほとんど無いのですが、それでも、水漏れを起こした現場に数回出くわしたことがあります。ですので、入念にチェックするようにしています。チェックの仕方としては、ジョイント部分、床下などです。点検口は事前に必ず開けていただくように依頼をします。

  IMG_0299.jpg
  キッチン流し台の下を見て、ジョイント部に水漏れがないかチェックする。


  IMG_0318.jpg
  洗面室洗面台の下の点検口を開けて床下に水漏れがないかをチェックする。

 その後のチェック項目として、天井裏の状況、床・壁・天井に傾きがないか、バルコニーの状況、設備状況、仕様書通りにできているか、など多々ありますが、これ以上書くと、エンドレスになってしまいますので、今日はこの辺で、続編はまた、次の機会に書きます。
 



建物調査・診断、マンション・一戸建て住宅の内覧会立会い、耐震診断
住宅の設計・監理、住まいづくりのコンサルティング
ご相談・お問い合わせは、「あんしん住宅相談室(アーキアシスト)」へ
  HP:あんしん住宅相談室
  Mail:info@arch-assist.com







ルミナリエ

 今年も神戸の旧居留地でルミナリエが始まりました。
 『神戸ルミナリエ』は、阪神・淡路大震災が起きた年から、犠牲者の鎮魂の意を込め、都市の復興・再生への夢と希望を託し、神戸大丸付近から神戸市役所南側の東遊園地まで毎年、12月に行われています。毎年、資金不足で止めようという話を聞きながら、今年も無事開催されることになりました。

リミナリエ1 神戸ルミナリエ 東遊園地より旧居留置の通りを見る


 このルミナリエ会場は、私の事務所からすぐ近くで、わざわざ、見に行くというより、仕事帰りに覗くといった感じで毎年、見に行っています。今年も仕事帰りに覗いてみると、すごい人で、今年から全ての電球がLEDにされたということで、白熱球がかなり黄色ぱかったのと違い、すごく白く映っていました。

リミナリエ2 東遊園地

 やはり、ここに行くと思い返すのは、震災ですね。もう20年以上も前になってしまったけど、神戸の街が無茶苦茶に破壊され、建物の倒壊などにより、6000人以上もの人々が亡くなった。今後もずっと地震に強い建物を造り続けたいものです。
プロフィール

安水建築事務所

Author:安水建築事務所
 住まいに安心と安全を。住まいづくりのコンサルタント安水正です。安水建築事務所をやりながら、「あんしん住宅相談室」を主宰しています。

 日頃、やっていることを通して、実際にどのような調査・診断をやっているのか、少しでも皆様の住まいづくりのお役に立てればと心がけて書きたいと思っています。もし、お気づきの事、お聞きになりたいことなどありましたら、コメント、メールをいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。