スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内覧会立会いの報告書について(その2)

前回、報告書について触れましたが、今回さらに掘り下げて考えてみたいと思います。

報告書とは何かと言いますと、自分が調査なり、打合せなり、出張した際に第三者である上司とか社長とか、お客様とかにその内容、考察したことについて正確に伝えるものです。報告書がいいかげんでその内容がうまく伝わらなかったりして、相手に誤解を与えたり、不安感を与えたりするようではだめです。

私がこの仕事をやっていて重視していることは、お客様に安心していただくことであり、安心していただくために、まず、実際の調査をできる範囲で誠心誠意やります。そして、そのやったことを正確に伝えるために報告書をきちんと書くということです。

その内容は、まず、どのような調査をしたのか、それは、文章で記載するだけでなく、写真を添付して、調査している様子を視覚的に訴えることです。よく、チェックリストに〇×をつけただけで、調査は終わりですよという場合がありますが、もし、その場に依頼者が居合わせていた場合でしたら、それでいいかと思うのですが、そうでない場合でしたら、説得力に欠けると思います。また、住宅を購入するという行為は、一生に一度あるかないかの大きな買い物です。それに対する調査報告がその〇×リストでいいのかということです。

そういう理由から、報告書は、写真付きで調査している最中の写真から、何か不具合があれば、その不具合の状況を全て写真を撮って、コメントをして提出するようにしています。幸いに、その報告書を受け取ったお客様からは、とても、好評で、さらに良い報告書を書きたいと思うのです。そして、その報告書は、その家が存在する間は、ずっと大切に保管をしていただきたいと思うのです。
ですから、報告書を書くのに、それなりの時間と手間をかけますので、他者と違い、どうしても割高となるのはしかたがないと思います。その報告書を見ていただくと、きっと、ご理解いただけるかと思います。

マンション内覧会の報告書は、
http://www.arch-assist.com/work06/images/sample-houkokusho1.pdf

一戸建て内覧会の報告書は、
http://www.arch-assist.com/work05/images/ikkodate-houkokusho2.pdf

中古住宅調査の報告書は、
http://check.arch-assist.com/images/sample-houkokusho2-1.pdf
スポンサーサイト

内覧会立会いの報告書について(その1)

久しぶりに他社のホームページを見てみました。
やり始めた頃に比べると競合のホームページが、たくさんあるのにびっくりです。価格のこともあまり気にせずに内覧会立会いをやっていたのですが、他社の安さに驚きました。安いところで、3万円~4万円。激安のところだと2万円というのもあるようです。考えていると、決して安いところがいいとは限りません。
何千万円もする家を買うのに、内覧会立会いで少しでも安いところで業者を決めるものなのでしょうか。すごく、疑問に感じたけど・・・
当社の価格は、マンション内覧会立会いの場合、報告書を含めて、48000円で設定しています。これは、当日の建築士の日当、交通費、報告書の作成費、会社の経費を全て含めての値段です。他社がどうして、そんなに安くできるのか。いろいろと見ると、検査の内容、報告書の内容にあるようです。
これを言い出すと、すごく、長くなってしまいますので、今日はこのあたりにして、次回のお楽しみということです。
プロフィール

安水建築事務所

Author:安水建築事務所
 住まいに安心と安全を。住まいづくりのコンサルタント安水正です。安水建築事務所をやりながら、「あんしん住宅相談室」を主宰しています。

 日頃、やっていることを通して、実際にどのような調査・診断をやっているのか、少しでも皆様の住まいづくりのお役に立てればと心がけて書きたいと思っています。もし、お気づきの事、お聞きになりたいことなどありましたら、コメント、メールをいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。