スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安心を売る会社

 ゴールデンウェークも真っ最中。高速道路は、いたるところで渋滞を起こし、ゆっくりと休むのも大変ですね。

 私は、「アーキアシスト」とは、何の会社って、よく考えます。物を売っている会社ではありません。建築を通して、「安心」を売っている会社なのです。

 構造偽装問題が出たり、大地震が来て、多くの家屋が倒壊して尊い命、財産が奪われたりして、いろいろな法律ができて、最近でこそ、欠陥住宅をつくる方が難しくなってきたのですが、欠陥住宅調査をするたびに、いくら、法律が厳しくなったとはいえ、やはり、欠陥住宅が無くなる事はないようです。欠陥住宅をつくる人間というのは、根本的にその法律すら知らない場合が多いようです。

 住まいを持ちたいという人は、絶対に安易に買ってはいけません。2000万、3000万の高価な買い物だから、やはり、自分でいろいろと調べて、勉強して、これで絶対に間違いないと確信できるまで購入したらいけないのです。とかいって、全くの素人であれば、何から調べていいのか解からない、というのが本音だと思います。それを一緒になって、調べ、調査し、この建物は大丈夫であると確信し、安心して住んでいただけるようにコンサルティングするというのが、「アーキアシスト」なのです。この社名である「アーキアシスト」は、建築という意味のarchtectureのarch(アーキ)と手助けするというassist(アシスト)を組み合わせた造語なのです。解かりやすく言うと、「建築で手助けする」という意味なのです。

 ですから、私達がやっていることは、健全な住まいを持ちたい(欠陥住宅でない)という人のために第三者的な視点から調査を行い、安心して暮らせる住まいを手に入れるお手伝いをしているのです。


by Tadashi Yasumizu
スポンサーサイト

新築か中古か(その2)

 いよいよゴールデンウィークがスタートしました。私自身も世間並みに休みたいといったところですが、残念ながら、そういうわけにいかず、半分は仕事といった感じです。しかし、好きでやっている仕事だから、これも幸せなことです。
 
 さて、今日のテーマですが、以前にも書きましたが、一戸建て住宅を購入する際に「新築か中古か(その2)」ということで書いてみたいと思います。前回は、構造的に問題はないかということでしたが、それをさらに具体的に書きます。
 私が、構造的に問題がないかどうかの判断基準として、耐震診断を行います。耐震診断は、国土交通省の「木造住宅の耐震診断んと補強方法」が基準として行われています。これは、1995年に起こった阪神淡路大震災からの教訓により、本格的に定められたものです。詳しくは、私のかいたホームペー文字色ジ、http://www.arch-assist.com/work03/index.html でもって確認していただきたいのですが、この耐震診断により、構造的に問題がないかの判断基準としています。
 
 この中で最も大事なことは、地震に対抗するための耐力壁(筋かいや構造用合板で補強されている壁)がどのように入っているかを探ることです。10年前のものですと、結構、きちんと入っているケースが多いのですが、それより前のものは、そうでない場合が多いようです。図面がなかったり、点検口がないために全く、不明の場合もあります。
 また、きちんと入っていても補強金物が付いていなかったり、釘が錆びていたり、打ち方が悪かったりしています。特に阪神淡路大震災では、筋かいがきちんと入っていても、釘の打ち方が悪かったため倒壊しているケースが多く見られました。
 まともに筋かいが入っていない場合や、不明な場合は、リフォームと同時に補強工事をされることをお勧めしています。耐震補強工事というと何やらたいそうに思えるかもしれませんが、それほどでもありません。中古住宅を購入の際には、たいてい、クロスなどは張り替えられるかと思いますが、その際に下地もめくって、筋かいを入れて、筋かい、柱頭・柱脚を金物で補強するだけなのです。最近ですと、耐震補強の補助金まででるので、そんなに大きな負担にはなりません。
 それをトータルに考えて、果たして新築がいいのか、中古がいいのか、判断の材料にしてもらうわけです。詳しくは、こちらのホームページも見てください。→http://check.arch-assist.com/
プロフィール

安水建築事務所

Author:安水建築事務所
 住まいに安心と安全を。住まいづくりのコンサルタント安水正です。安水建築事務所をやりながら、「あんしん住宅相談室」を主宰しています。

 日頃、やっていることを通して、実際にどのような調査・診断をやっているのか、少しでも皆様の住まいづくりのお役に立てればと心がけて書きたいと思っています。もし、お気づきの事、お聞きになりたいことなどありましたら、コメント、メールをいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。