スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特殊建築物定期調査(その2)

今日でやっと某大規模病院の特殊建築物定期調査が終了しました。
延べ床面積が全部で33,000㎡ですから、びっくりするような規模です。
これを2ヶ月近くもかかって何とか、今日、神戸市役所に報告書を提出しました。
この病院は、古くは昭和7年から現在にいたるまでたくさんの建物が混在しています。
今それを隅から隅まで調査するとうのは、とても貴重な体験となりました。

正直言って、建物も人間と同じで手入れをしなかったら、いたるところに悪いところがでてきています。当たり前ですけど・・
コンクリートが割れて剥落しているところ、タイルが浮きまくり、剥落しているところ、サッシュが腐食して部屋にまで漏水しているところ、塗装がはげて、鉄板が錆びて落ちかけている階段、さまざまな症状を見ました。
悪いところがあれば、すぐに直せば、もっともっと建物の寿命は延びるのにと思います。
それに一番、危ないと思うのは、何かの拍子にコンクリートやタイルが落下して事故にでもならないかということです。

でも、建物の劣化が早いというのは、必ずしも手入れが悪いということだけではないのです。
コンクリートやタイルの剥落というのは、ほとんどが施工不良なのです。
コンクリートが落ちるのは、鉄筋のかぶり厚さが確保できておらず、鉄筋が錆びてコンクリートを割ってしまうというのが主な原因です。
タイルが落ちるのは、工事中の接着不良により、タイルの裏に水がまわり落ちる場合が多いのです。

安全で長持ちする建物をつくるためには、まず、現場の監督さん、職人さん、くれぐれもきちんとした施工をしましょう!工事監理をする人、施工不良にならないようにしっかりとチェックしましょう!そして、建物の持ち主となる人は、定期的な手入れをきちんとしましょう!ということを強く訴えたいです。

by Tadashi Yasumizu
スポンサーサイト

新築か中古か(その1)

 よくお客様から、この中古住宅を購入しても大丈夫かという相談を受けます。 この間も中古住宅購入の相談を受けて岡山まで建物の診断に行ってきました。中古物件といえど、掘り出し物はいくらでもあります。

 中古住宅を購入の際にまず考えることは、ご自身のライフスタイルを考えて、あと何年のその家で暮らすのか、そして、いくらその中古物件がきれいと言えど、なんらかのリフォームをされるでしょうから、そのリフォームの費用にどれくらいかけれるのか、新築を購入して何十年かたって売却をするのなら、どれくらいで売却できるのか、そのあたりを天秤にかけることになります。非常に難しい選択ですね。
 その選択を素人の判断で行うというのは、困難なので、そこで頼りになるのが、建築士です。建物を診断するためにいきなりリフォーム会社に依頼すると工事をやりたいがために必要のない工事までやって高額のリフォーム代金の請求がきたというのはよくある話です。まずは、まったくの中立なところから、本当のことを言ってくれる信頼できる建築士に建物診断を依頼するのがよいのではないかと思います。

 中古住宅購入の際の判断の決め手となるのが、まずは、構造的に問題は無いのかということです。ここ10年以内の建物でしたらさほど大きな問題は少ないのですが、20年、30年ともなると注意が必要です。兵庫県南部地震により昔の住宅は大きな被害を受け、建物の下敷きになって、数多くの尊い命が奪われました。その教訓を受けて大きく法律が改正されて、ここ10年で住宅の構造はほんとうにしっかりしたものとなりました。ですから、問題は、それ以前に建築された建物の診断がポイントとなります。

 どのような考え方、診断のしかたというの企業秘密的なこともありますが、書くことがたくさんありますので、シリーズでお伝えしたと思います。このブログは始まったばかりで、これからが長いお付き合いです。自分の家が欲しいと思われている方、どうしたら良い家を安く手に入れるか、お教えしましょう。今日は、時間も無いことですので、次回を楽しみにしておいて下さい。

by Tadashi Yasumizu

マンション内覧会立会い

春先と秋は、マンション内覧会立会いの依頼がとても多くなります。
最近でも土、日はほとんど内覧会に行っています。
行ってよく思うことは、最近のマンションはほんとによくできているということです。
ここのところ耐震偽装問題、頻繁にやってくる大地震による建物の倒壊などで建物に不信感、不安感が大きくなり第三者のチェックがあたり前のようになっています。
それの影響かどうかわかりませんが、マンション業者もピリピリして緊張感をもって仕事のしているというのが、ひしひしと感じられます。(そうでない物件もよくありますが・・・)

内覧会というと、ほとんどが仕上げのチェックになるのですが、すみからすみまでじっくりと時間をかけてみても大きな瑕疵というのは少ないです。指摘といえば、汚れ、キズがほとんどです。汚れ、キズは、現場で人間がつくるものですから、どこでもあります。無い方がおかしいです。ですから、小さいに汚れ、キズはそんなに神経質にならなくてもよいのです。

内覧会の立会いをしていて、嬉しいことは、真剣に一生懸命に見れば見るほど、お客様は心底喜んでくれることです。お客様にとっては、一生に一度の人生で最も大きな買い物ですから真剣ですよね。そう思うと私もつい気合が入ります。
一生懸命にやって、お客様から心底喜んでいただく、こんな嬉しい仕事はないですね。
また、今週末も頑張ります!

by Tadashi Yasumizu

特殊建築物定期調査

今日は、近くのある大規模病院に特殊建築物定期調査に行ってきました。この調査は、3年に一度、法律で調査することが決められていて、地震や火災、劣化などにより建物により人に危害を与えたらいけないということで事前に不具合の箇所をチェックする、いわゆる建物の健康診断として行うものです。

朝から主に外壁の劣化状態を調査を行いました。総タイル張りの建物なのですが、タイルを打診棒でたたいていると浮いているところ、割れているところ、いろいろとあります。その他にコーキングが劣化してひびが入っていたり、庇の裏のコンクリートが剥がれて鉄筋が露出したり。コンクリートにひびが入っていたり、数十年も経つと悪いところがたくさん出てきます。
でも、そんな中でも全く、劣化も少なく、健全なところもたくさんあるんですよ。それは、やはり、施工時からきちんと材料の品質管理されて、施工監理もきっちりとできているところは、劣化も少ないというのがすぐに解ります。

古い建物を調査していると設計計画、施工の段階からきちんとすれば、長持ちする安全な建物をつくるにはどうしたらいいのか答えが出てきます。すごく良い勉強になりました。これからの安心で安全な建築つくりに生かしていきたいと思います。

特殊建築物定期報告

by Tadashi Yasumizu

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

工事監理の大切さ

最近、よく欠陥工事の相談を受けます。
床下をもぐると基礎のコンクリートが豆板だらけ、穴が開いていて鉄筋が腐食している。
外壁廻りから雨漏りがする。建物が大きく揺れる。
天井裏を見てみると筋かいに隙間があって、金物がとまっていない。
リフォームをやったけれども、まるで見積通りにできていない。

こんな現場を見るたびに工事監理さえしっかりしておれば、こんなことは防げたはず、と思うのです。
せっかく大きなお金を出して幸せな住まいを望んでいたはずなのに、こんな住宅ができてしまうと怒りがおさまらないだけでなく、不安を感じながら生活しないといけないのです。

工事監理とはどういうことかわかりますか?
”「工事監理」とは建築主の立場に立って工事を設計図書と照合し、工事が設計図書のとおりに実施されているかどうかを確認することです。適切な「工事監理」が行われれば建築基準法に違反するような建築工事あるいは欠陥工事の発生を未然に防ぐことができます。そこで建築基準法では、建築物の安全性を確保するために、建築主が一定の規模以上の建築物の建築にあたっては、工事監理者を定めなければならないとしています。”とどこかの役所のホームページに書いてありました。

工事監理とは、工事とは別に第三者である建築士が適切な工事かどうかをチェックすることなのです。建築主は、業者任せにしてはいけません。業者は、「うちは絶対に大丈夫です。全てお任せ下さい。」と必ず言います。しかし、そういう業者ほど怪しいのかもしれませんね。
建築主は、本当は自分で勉強して、自分で現場のチェックをしないといけないのです。しかし、建築ほど専門的でわからないことが多すぎるものはありません。それでは、どうすればいいのかと言いますと、専門的でわからない部分は、信頼できる建築士を見つけて助けてもらうのです。

しっかりと勉強して、しっかり工事監理して幸せ運ぶ家をつくりたいものですね。

by Tadashi Yasumizu
プロフィール

安水建築事務所

Author:安水建築事務所
 住まいに安心と安全を。住まいづくりのコンサルタント安水正です。安水建築事務所をやりながら、「あんしん住宅相談室」を主宰しています。

 日頃、やっていることを通して、実際にどのような調査・診断をやっているのか、少しでも皆様の住まいづくりのお役に立てればと心がけて書きたいと思っています。もし、お気づきの事、お聞きになりたいことなどありましたら、コメント、メールをいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。