スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンションの調査に行ってきました。

 昨日は、知人からの依頼で大阪にあるマンションの調査に行ってきました。

 その依頼の内容は、知人が、そのマンションの理事をやっているということで、そのマンションの住人のバルコニー手摺の足元のコンクリートが剥がれ落ちて、鉄筋が見えているから、その原因と補修方法を調査して欲しいというものでした。

 実際に行ってみると、確かに手摺の足元コンクリートに複数のひび割れが見られ、ひび割れの大きい部分は、剥がれ落ちて、鉄筋が露出していました。そして、その鉄筋は、錆びています。

 IMG_0690.jpg
 バルコニー足元のコンクリートには、複数のひび割れが見られる

 IMG_0687.jpg
 ひび割れが大きくなると、コンクリートが剥がれ落ちて、鉄筋が出てくる

 この現象は、コンクリートが爆裂している、と言うのですが、なぜ、このようなことになるのかと言えば、施工中の鉄筋とコンクリートのかぶりが通常よりも薄かったということです。解りやすく言うと施工不良でしたということです。

 鉄筋が外気に触れて、錆びないようにするためにコンクリートを巻いて、その鉄筋を保護します。その保護する厚み(かぶりと言います)が、通常でしたら、4,5cmなければなりません。ところが、この件については、下の写真の通り、1cm程度しかなかったのです。

 IMG_0693.jpg
 爆裂して、剥がれ落ちたコンクリートの破片を見ると、その厚みは、1cm程度しかない


 鉄筋は、コンクリートの中では、酸性の膜で覆われ、保護されています。コンクリートは、アルカリ性であり、これが空気に含まれてる炭酸ガスに触れると化学反応を起こし、アルカリ性が失われ、中性化していきます。コンクリートのかぶり厚さが薄いと中性化する速度が早くなり、中性化すると鉄筋の酸性の膜を破壊してしまうのです。
 
 その膜を破壊すると、鉄筋は錆びてしまい、鉄筋が錆びると体積が膨張して、その部分のコンクリートを押し出して、ひび割れを生じさせ、挙句は、爆裂を起こし、コンクリートが剥がれ落ちてしまいます。
 これを放置しておくと、ますます、鉄筋の腐食が進み、その部分の強度は、落ちてしまいますので、危険ということになります。ですから、このような現象を発見すると早目に補修することが大切なのです。補修方法は、専用の補修材がありますので、それを塗り直すことになります。

 なぜ、このような施工不良が起きるのかというと、コンクリート打設時にかぶり厚さが適切に確保できているかどうかの十分なチェックができていなかったということです。工期に追われ、その時間がなかったのか、それとも、予算がなくて、チェックする人員の確保ができなかったのか。注意力に欠けていたのか。

 このような事を防ぐためには、無理な工期を設定しないこと。余裕をもって、コンクリート打設できるようなしっかりした工程を組むことです。また、十分なチェック体制がとれるように常時、監理者を配置し、細心の注意を払うこと。それには、十分な工期と予算が必要です。予算をけちるようであれば、ロクな仕事ができません。補修ともなると、けちった事により、余計な金が必要になるということです。建物のためにも良くはありません。

 しっかりした施工計画、十分な予算、注意力。これは、良い建物を造るには、非常に重要な事と改めて、思い知らされました。




建物調査・診断、マンション・一戸建て住宅の内覧会立会い、耐震診断
住宅の設計・監理、住まいづくりのコンサルティング
ご相談・お問い合わせは、「あんしん住宅相談室(アーキアシスト)」へ
  HP:あんしん住宅相談室
  Mail:info@arch-assist.com









スポンサーサイト

タイルの浮き検査について

 マンション、一戸建て住宅の検査で必ず行う検査のひとつとして、タイルの打診検査があります。これは、どういうものかといいますと、打診棒というもので、タイルを叩いたり、さすったりするものです。
 タイルの貼る工法として、いろいろな工法があるのですが、最近は、圧着貼という工法がよくとられます。この工法は、あらかじめタイルを貼れるようにコンクリート面を左官で綺麗に平らにして、それに接着剤やセメントをムラなく塗りつけて、タイルをコンクリートに直に貼る工法です。

 この工法で接着剤が、何らかの原因で十分にタイルに裏に廻りきっていない場合があります。その場合だと、タイルとコンクリートとの間に空洞ができてしまい、その部分に打診用の棒が触れると空洞音がするのです。その空洞音がするとタイルが浮いているということで、その部分は、健全に貼られるいる部分と比較すると、割れやすかったり、めくれやすかったりするわけです。

 ほとんどが正常に貼られているのですが、中には、空洞音が多く見られる場合があります。見た目には、正常に貼られている場合と全く同じで、見極めが付かないのですが、打診棒でさすったり、叩いたりすると空洞音がして、すぐに浮いていることがわかります。それを放置していると、数年経つと、本当にめくれたり、割れたりするのです。
 土間でしたら、まだ、危険性は少ないのですが、それが、人通りが多い壁とか梁の部分でしたら、万が一、地震がきて、タイルが落ちたら、大きな事故につながる可能性もありますので、しっかりと検査する必要があります。

 ですので、引渡し前の検査で空洞音がする場合、壁とか梁の場合は、貼り替えていただくようにしています。土間の場合は、入居して、万が一、浮きによることが原因で割れたり、めくれたりした場合は、無償で貼りかえていただくようにしています。浮きが原因で割れたかどうかは、事前にチェックしておかないと責任の所存がはっきりしないので、事前の打診検査が必要です。打診検査は、工務店や職人さんの前でいやがられる場合もあるのですが、これは大切なことです。

image1404231.jpg
床タイルの打診検査

image1404232.jpg
壁タイルの打診検査


建物のチェック方法

先日、あるお客様が、来社されました。内覧会に行ったけれど、汚れキズなどが、多すぎて、無茶苦茶であった。怒りと不安で耐えられない、どうしたらいいのか。という内容のもの。

これが、大丈夫かどうの判断のしかたとして、

工期はどうだったのか。
現場のチェック対制は、どうだったのか。
突貫工事ではなかったのか。
突貫工事であったのなら、なぜ、そうなったのか。
役所の検査対制はどうだったのか。
検査記録はどうなのか。

これらをヒモ解いていく必要があります。この結果、正当な理由があり、内容に問題なければ、汚れ、キズが、多くて不安があっても、大丈夫という事になります。
しかしながら、この中で、工程に無理があったとか、チェック体制も十分でないとか、という事であれば、要注意という事になります。

特殊建築物定期調査(その2)

今日でやっと某大規模病院の特殊建築物定期調査が終了しました。
延べ床面積が全部で33,000㎡ですから、びっくりするような規模です。
これを2ヶ月近くもかかって何とか、今日、神戸市役所に報告書を提出しました。
この病院は、古くは昭和7年から現在にいたるまでたくさんの建物が混在しています。
今それを隅から隅まで調査するとうのは、とても貴重な体験となりました。

正直言って、建物も人間と同じで手入れをしなかったら、いたるところに悪いところがでてきています。当たり前ですけど・・
コンクリートが割れて剥落しているところ、タイルが浮きまくり、剥落しているところ、サッシュが腐食して部屋にまで漏水しているところ、塗装がはげて、鉄板が錆びて落ちかけている階段、さまざまな症状を見ました。
悪いところがあれば、すぐに直せば、もっともっと建物の寿命は延びるのにと思います。
それに一番、危ないと思うのは、何かの拍子にコンクリートやタイルが落下して事故にでもならないかということです。

でも、建物の劣化が早いというのは、必ずしも手入れが悪いということだけではないのです。
コンクリートやタイルの剥落というのは、ほとんどが施工不良なのです。
コンクリートが落ちるのは、鉄筋のかぶり厚さが確保できておらず、鉄筋が錆びてコンクリートを割ってしまうというのが主な原因です。
タイルが落ちるのは、工事中の接着不良により、タイルの裏に水がまわり落ちる場合が多いのです。

安全で長持ちする建物をつくるためには、まず、現場の監督さん、職人さん、くれぐれもきちんとした施工をしましょう!工事監理をする人、施工不良にならないようにしっかりとチェックしましょう!そして、建物の持ち主となる人は、定期的な手入れをきちんとしましょう!ということを強く訴えたいです。

by Tadashi Yasumizu

特殊建築物定期調査

今日は、近くのある大規模病院に特殊建築物定期調査に行ってきました。この調査は、3年に一度、法律で調査することが決められていて、地震や火災、劣化などにより建物により人に危害を与えたらいけないということで事前に不具合の箇所をチェックする、いわゆる建物の健康診断として行うものです。

朝から主に外壁の劣化状態を調査を行いました。総タイル張りの建物なのですが、タイルを打診棒でたたいていると浮いているところ、割れているところ、いろいろとあります。その他にコーキングが劣化してひびが入っていたり、庇の裏のコンクリートが剥がれて鉄筋が露出したり。コンクリートにひびが入っていたり、数十年も経つと悪いところがたくさん出てきます。
でも、そんな中でも全く、劣化も少なく、健全なところもたくさんあるんですよ。それは、やはり、施工時からきちんと材料の品質管理されて、施工監理もきっちりとできているところは、劣化も少ないというのがすぐに解ります。

古い建物を調査していると設計計画、施工の段階からきちんとすれば、長持ちする安全な建物をつくるにはどうしたらいいのか答えが出てきます。すごく良い勉強になりました。これからの安心で安全な建築つくりに生かしていきたいと思います。

特殊建築物定期報告

by Tadashi Yasumizu

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

プロフィール

安水建築事務所

Author:安水建築事務所
 住まいに安心と安全を。住まいづくりのコンサルタント安水正です。安水建築事務所をやりながら、「あんしん住宅相談室」を主宰しています。

 日頃、やっていることを通して、実際にどのような調査・診断をやっているのか、少しでも皆様の住まいづくりのお役に立てればと心がけて書きたいと思っています。もし、お気づきの事、お聞きになりたいことなどありましたら、コメント、メールをいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。