スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断熱材の話し

 今日は、西宮に一戸建て住宅の内覧会立会い(竣工検査)に行ってきました。今日は、梅雨の合間の晴れで今年一番の気温で、京都・大阪で35℃以上の猛暑日ということで、ほんとに暑かったです。

 でも、本日、伺った家は、とても、風通りが良く、かなり涼しかった。というのも、実は、セルローズファイバーという断熱材を使用していたのです。施工さえしっかりしておれば、計算上は、どの断熱工法でも同じなのですが、特にこのセルローズファイバーという断熱材がそう感じさせたのは、なぜか。

 セルローズファイバーというのは、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、これは、天然の木質繊維のことで、様々な繊維が絡み合い、この繊維の絡み合いが空気の層をつくり、1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在しているのです。 この空気胞の存在が、熱や音を伝えにくくして、 さらに木質繊維特有の吸放湿性で、適度な湿度を保つというものです。

 私もこれまで、何度となく、セルローズファイバーの家を経験したことはあるのですが、いずれも、春か秋の気候の良い時期でその断熱性は実感できませんでした。しかしながら、今日は、猛暑日ということで、その断熱性は実感できました。
 特に小屋裏です。天井点検口から小屋裏に侵入すると、セルローズファイバーは、天井面ではなく、屋根面に施工してあったのですが、通常は、入ったとたんにサウナ状態で汗が吹き出てくるのですが、今回は、汗どころか、涼しい。小屋面だからというのも大きな理由ですが、それでも、通常は、蒸し暑いのです。

 これは、セルローズファイバーが特に断熱性が高いというのではなく、施工において、すみずみまで、セルローズファイバーが行き渡るということではないかと思います。セルローズファイバーの施工は、圧縮ポンプにより、吹き出しますので、隙間ができにくいということではないかなと思います。特にグラスウールだといくらきっちりと貼りましたといっても、どうしても隙間ができてしまう。この違いは大きいような気がします。

 そんなわけで、外は暑かったけれど、中は涼しく検査ができましたという報告です。検査結果は、特に大きな問題無く、綺麗に仕上がっていました。図面・書類関係もしっかり整理してあり、良いできであったと思います。このできが、ずっと続いていけば、もう欠陥住宅で問題が起きるということはないでしょうね。そう願っています。

天井の断熱(セルローズファイバー)
セルローズファイバーを屋根面に施工したところ

床の断熱(セルローズファイバー)
セルローズファイバーを床面に施工したところ

 一戸建て住宅の検査は「あんしん住宅相談室」へ ホームページは、こちら⇒
スポンサーサイト
プロフィール

安水建築事務所

Author:安水建築事務所
 住まいに安心と安全を。住まいづくりのコンサルタント安水正です。安水建築事務所をやりながら、「あんしん住宅相談室」を主宰しています。

 日頃、やっていることを通して、実際にどのような調査・診断をやっているのか、少しでも皆様の住まいづくりのお役に立てればと心がけて書きたいと思っています。もし、お気づきの事、お聞きになりたいことなどありましたら、コメント、メールをいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。