fc2ブログ

「良い建物・良い家」とは、(その3)

 前回は、「地震・台風・火災などに強い。」という記事を書きましたが、今回は、その続きで、「長持ちする。」について考えてみます。

2.長持ちする。
 これはどういうことかと言いますと、業界用語では「耐久性」が優れているとも言います。いくら頑丈な家をつくっても、長持ちしないとなったらいけません。本当だったら、50年、100年もつものが30年でダメになってしまってはいけません。長くもたせるためには、相応の対策をしなければならないのです。

 日本という国の風土は、高温多湿で特に夏季には、多くの雨が降り、秋には大きな台風が多くやってきます。日本の家屋はほとんどが木造であり、木というのは、湿気に弱いものです。湿気があるとすぐに腐朽菌、カビ、白蟻などがつき、木材を喰い荒らし、建物の寿命を短くします。また、木造に限らず、材料の選択を誤ったり、施工方法を誤ったりすると、すぐに雨漏りを起こしたり、鉄筋を錆びさせて、建物の寿命を短くします。

 本来、適切な材料を選び、適切な施工を行い、こまめなメンテナンスを行えば、木造住宅とはいえ、100年、200年は十分にもつものです。そのような建物を目指したいものです。

宝塚市雲雀丘あめりか屋住宅
宝塚市雲雀丘あめりか屋住宅   びんみんのまちあるき「日常旅行日記」ブログより

 これは、以前に私が勤務していた、あめりか屋が昭和2年によって建築されたものです。今でも、とても綺麗に保存されています。

 by Tadashi Yasumizu 2019.09.12



耐震診断・改修セミナーを受けました。

 今日は、神戸市すまいるネット主催の耐震診断・改修セミナーを受けてきました。

 内容は、講演1と講演2に分かれており、講演1では、京都大学の五十田先生による「木造住宅の耐震診断」です。この類のセミナーは、何度も受講しており、ほとんど、知っている内容ではありましたが、再度の復習になり、また、自分のやっていることにブレがないのか確かめるものとなりました。

image1903182.jpg
 ⇑ 五十田先生の講義です

 講演2に関しては、NPO法人耐震化アドバイザー協議会の丸谷先生による「木造住宅 耐震改修コストダウンのかくしわざ」というタイトルでした。これも、何度も受講しているのですが、いかにして、低コストで評点を上げるのか、その具体的な工法を紹介していただいたものです。

 特に土壁においてのローコスト工法は実務に役立つものと思います。土壁というと、これを解体処分して、新たに筋違を入れるとなると、解体する大工手間、処分費が高くなるのですが、これを解体することなく、構造合板で補強するというのは、実際に使えそうです。

  by Tadashi Yasumizu 2019.03.28

あいき不動産鑑定の土田社長がインタビューに来られました。

 先日、神戸のあいき不動産鑑定㈱の土田社長がインタビューに来られました。何のために、わざわざ来社されたのかと言うと、これからは、不動産鑑定士とインスペクターとしての建築士がコラボして、健全なる中古住宅流通が必要になってくるのでは、ということで、その啓発のために、動画で世の中に発信しようという企画のためです。

 朝の11時に中央区浜辺通りにある当事務所にスタッフ2人を含めて、総勢3人でお越しになられ、約一時間、インスペクションについて、いろいろとインタビューを受けました。詳しい内容は、動画を見ていただくということで、内容的には、

1.インスペクター、実績、周辺業務

2.インスペクションとは何か

3.インスペクションの役割・社会的意義

4.インスペクション制度で変わること

5.思い出に残るインスペクション

6.インスペクションの利用の仕方・注意点

7.良いインスペクション業者の選び方

8.不動産鑑定と連携ができないか


というものです。当事務所における業務内容の中でインスペクションは、重きをおいているもので、短時間ながら、非常に濃い内容であったと思っています。この中で、動画があるのは、下記の通りですので、よろしければ、ご覧ください。

fc2blog_20171215204118289.jpg
土田社長からインタビューを受けています。

『インスペクションとは?』
https://youtu.be/4sgoIigS5QQ

『インスペクション内容』
https://youtu.be/KBuP9iG6Nu0

『思い出に残るインスペクション』
https://youtu.be/4sgoIigS5QQ

最後に、土田社長と固い握手です。

インスペクションについて、インタビュー

インタビューをされた不動産鑑定士土田社長のあいき不動産事務所㈱のホームページは、こちらです⇒

 by Tadashi Yasumizu 2017.12.15


不動産鑑定セミナーを開催します。

 私が、所属している兵庫県建築士会神戸支部研修委員会で不動産鑑定セミナーを開くことになりました。このセミナーは、どういう内容であると言いますと、

 来年、平成30年4月1日施行予定の宅地建物取引業法の改正により、中古住宅を販売する際には、建築士によりインスペクションが必要ということになしました。これにより、ますます、建築士の役割、責務も重要になります。また、敷地を含めた不動産の価値というものも、しっかりと把握する必要があるかと思います。そこで、不動産鑑定を専門とする不動産鑑定士との連携も必要となってくると考えます。

 ここで、講師として、お願いしたのは、神戸市中央区に本社をもつ、あいき不動産鑑定株式会社の代表取締役で、かつ、不動産鑑定士である土田剛司氏です。土田氏は、15年以上も不動産鑑定に携わり、その物件は、1000件以上にも及ぶスペシャリストです。とても、気さくな人柄で、親しみやすく、内容の濃い、充実したものをしていただけるものと期待しています。

 もし、興味のおありの方は、是非、いらして下さい。募集案内は、以下の通りです。




建築士のためのビジネスセミナー
「不動産鑑定と建築士」


主催:公益社団法人兵庫県建築士会 神戸支部 研修委員会

 これからの中古住宅流通の中では、建築士によるインスペクションが重要になってきます。不動産鑑定士については、インスペクション結果を反映した適正価格、リフォームによる復元価値、耐用年数伸長について、価格への反映が課題となってきます。今後、中古住宅流通の活性化のためには相互の理解が重要となります。

 今回は、不動産鑑定のスペシャリストである土田剛司氏をお招きし、不動産鑑定とは何か、不動産鑑定士と建築士がおこなう鑑定の違い、今後の住宅について不動産鑑定士と建築士との協働、関わりなどについて、簡単な演習を行いながら、学びます。

内容:
 不動産評価の役割と問題点
 公的価格(相続路線価、固定資産評価額等)について
 建物価格評価について
 家賃評価について
 今後の中古住宅流通について建築士と鑑定士との協働

講師: あいき不動産鑑定株式会社 代表取締役・不動産鑑定士 土田剛司 氏
場所: 兵庫県建築士会神戸支部事務局  神戸市中央区古湊通1-2-12古湊ビル2階
日時: 平成30年1月 26日(金)
19:00~21:00(開場:18:30)
募集人数: 20名(定員になり次第、締め切り)

会費:建築士会 会員 1,000円、非会員 1,500円 当日徴収致します。
問合せ申 込 先: お問合せは、Faxもしくは、Eメールにてお願い致します。 JR神戸駅から南西へ徒歩5分
           高速神戸駅から南へ徒歩2分
 お申込みは、下記に必要事項ご記入の上、Faxもしくは、Eメールにて、送信して下さい。定員オーバーの際は、ご連絡致します。
公益社団法人兵庫県建築士会 神戸支部
Fax 078-330-8424 Eメール info@kobe-kenchikushikai.com


申込書
 ※ご記入いただいた個人情報は、本件の申込以外には使用致しません。
氏名(フリガナ)
CPD番号
勤務先
会員番号
連絡先 TEL: FAX: 所属支部


サボテンの花

今晩、家のテラスに植えてあるサボテンの花が咲きました。
このサボテンの花は一晩だけの命で、明日の朝にはしぼんでしまいます。何か不思議な命を感じます。

fc2blog_20170830184736a8e.jpg
サボテンの花

 by Tadashi Yasumizu 2017.08.25
プロフィール

安水建築事務所

Author:安水建築事務所
 住まいに安心と安全を。住まいづくりのコンサルタント安水正です。安水建築事務所をやりながら、「あんしん住宅相談室」を主宰しています。

 日頃、やっていることを通して、実際にどのような調査・診断をやっているのか、少しでも皆様の住まいづくりのお役に立てればと心がけて書きたいと思っています。もし、お気づきの事、お聞きになりたいことなどありましたら、コメント、メールをいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード